規約

規約項目一覧

名称及び事務局目的事業組織役員会議委員会会計補則

第1章 名称及び事務局

第1条
本会は、沖縄伝統空手道振興会(以下、「本会」という。)と称し、事務局を理事長の所在地に置く。

第2章 目的

第2条
本会は、沖縄伝統空手道及び古武道の保存・継承及び世界への普及振興を図ると共に、空手道及び古武道発祥の地・沖縄が世界の空手の聖地となることをめざす。

第3章 事業

第3条

本会は、前条の目的を達成するために次の各号の事業を行う。

  1. 世界大会の開催
  2. 伝統空手の演武会、協議会等の開催
  3. セミナーの開催
  4. その他、本会の目的達成に必要な事業

第4章 組織

第4条
本会は、全沖縄空手道連盟、沖縄県空手道連盟、沖縄空手・古武道連盟及び沖縄県空手道連合会(以下「空手四団体」という。)、その他、本会の目的達成に賛同する空手団体をもって組織する。

第5章 役員

第5条

本会に次の役員を置く。

  1. 会長   1名
  2. 副会長  4名
  3. 理事長  1名
  4. 副理事長 4名
  5. 常任理事 若干名
  6. 理事   若干名
  7. 監事   2名
  8. 顧問   若干名
  9. 相談役  若干名
  10. 事務局長 1名
  11. 会計   1名
第6条
会長は、空手四団体が推薦をする者をもって充てる。
2
副会長は、空手四団体のそれぞれの会長をもって充てる。
3
理事長は、県内空手関係者より会長が委嘱する。
4
副理事長は、空手四団体のそれぞれの理事長をもって充てる。
5
常任理事は、会長、副会長、理事長、副理事長及び事務局長とする。
6
理事は、本会を組織する空手関係者及び学識経験者の中から会長が委嘱する。
7
監事は、会長が委嘱する。
8
顧問は、県内各流派、団体の長老の中から会長が委嘱する。
9
相談役は、会長が委嘱する。
10
事務局長は、会長が委嘱する。
第7条
役員の任期は2年とする。但し、再任を妨げない。
2
補欠役員の任期は、前任者の残任期間とする。
第8条

本会の役員は、次の任務を行う。

  1. 会長は、本会を代表し会務を総理する。
  2. 副会長は、会長を補佐し、会長に事故あるとき又は会長が欠けたとき、会長が予め指名した順序によって、その職務を代行する。
  3. 理事長は理事会の決議に基づきその業務を掌握し、会長及び副会長の事故あるとき、又は会長及び副会長が欠けたときは、その職務を代行する。
  4. 副理事長は理事長を補佐し、理事長に事故あるとき、又は理事長が欠けたとき、理事長が予め指名した順序によって、その職務を代行する。
  5. 理事は、理事会を組織し、本会の業務を決議する。
  6. 常任理事は、常任理事会を組織し、本会の業務を遂行する。
  7. 監事は、毎年1回定期的に、又は必要に応じて会計を監査し、その結果を理事会に報告する。
  8. 顧問は、重要な事項について、会長の諮問に応じて意見を述べる。
  9. 相談役は、会長が必要と認める事項について、その諮問に応じて意見を述べる。
  10. 事務局長は、本会の事務を統括する。
  11. 会計は、理事長が任命し、会計事務を取り扱う。
2
役員及び事務局員に、手当てを支給することができる。
3
手当ての額は、常任理事会で決議し、理事会で承認を受ける。

第6章 会議

第9条
会議は、理事会及び常任理事会として、会長が召集し議長となる。
2
理事会及び常任理事会は、それぞれ3分の2以上の出席がなければ議事を開くことができない。
3
理事会及び常任理事会の議事は、会議出席者の過半数をもって決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。
第10条

理事会は、本会の最高決議機関であり次の各号の事項を審議し承認する。

  1. 役員の承認に関する事項
  2. 事業計画及び収支予算に関する事項
  3. 事業報告及び収支決算に関する事項
  4. その他、会長が必要と認めた事項
第11条

常任理事会は、次の事項を審議し執行する。

  1. 理事会より委任された事項
  2. 事業計画及び収支予算に関する事項
  3. 事業報告及び収支決算に関する事項
  4. その他、会長が必要と認めた事項
2
常任理事会は、緊急を要する場合、理事会に代えることができる。

第7章 委員会

第12条

本会に、次の委員会を設置する。

  1. 総務・財政委員会
  2. 企画・事業委員会
  3. 渉外・広報委員会
  4. 調査・研究委員会
  5. 審査委員会
2
本会に、伝統空手、古武道の各流派連絡会を設置する。

第8章 会計

第13条

本会の経費は、次の収入金をもって充てる。

  1. 加盟団体分担金
  2. 大会参加料
  3. その他の収入(寄付金、補助金等)
  4. 雑収入
第14条
本会の会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。

第9章 補則

第15条
本規約の施行に関する事項は、理事会・常任理事会の承認を得て別に定める。
附則

本規約は、平成20年度2月14日より施行する。

本規約は、平成23年度4月1日より施行する。旧規約はこれを廃止する。