トップメッセージ

ごあいさつ

会長 翁長 雄志(沖縄県知事)

会長 翁長 雄志(沖縄県知事)

沖縄は、遙か14世紀の昔から「万国津梁」の精神を発揮し、中国、東南アジア諸国等との交易・交流を盛んに行い、魅力あふれる伝統文化を築いてきました。

このような歴史的・文化的背景の中で、「空手」はこの地・沖縄で生まれ、平和を愛する民衆の護身の術として普及し、厳しい修行を通して強靱な身体と不屈の精神を培うとともに、礼節を重んじる人格形成に貢献する武道として受け継がれてきました。

今や世界の空手人口は180ヵ国、6,000万人以上にのぼるといわれ、沖縄の伝統文化である「空手」は国境や言語、宗教、人種等の壁を越えて多くの人々に愛され、広く普及しております。

沖縄が世界に誇る文化遺産である『沖縄伝統空手道・古武道』を正しく継承し、今後ますます発展させていくことは我々に課された責務であります。

このため、沖縄伝統空手道振興会では、沖縄県と一体となって「沖縄空手会館」の整備や沖縄伝統空手道・古武道の「ユネスコ無形文化遺産」登録に向けた取り組みを積極的に推進してまいります。

また、国内外とのネットワークづくりを進め、沖縄伝統空手道・古武道の世界への普及振興を図ると共に、「空手発祥の地・沖縄」を世界へと発信してまいります。